トップページ

学校教育目標・経営方針

学区の概要

学校の沿革

校歌・校章

防災対策

学校だより

集会広報委員会

アクセス

交流校一覧

調べる学習リンク集

わたしたちの海老名

海老名の植物

携帯版災害対応専用サイト

http://edu.city.ebina.kanagawa.jp/syakesyo/k_index.html




本校は、県央相模川の左岸、海老名市の南西部に位置し、西に相模川をはさんで厚木市岡田、北に中新田小学校区、大谷小学校区、東に杉久保小学校区、有馬小学校区、南に門沢橋小学校区と隣接し社家・今里・上河内の一部を学区としている。

学区は、ほぼ平坦で標高14〜19mの間にあり、相模川により造られた洪積世沖積平野の典型である。地層的には極めて厚い軟弱地層で形成され、砂層・泥層が重なり、所によっては10m程度で基底(れき層)に達するところがあり、地下水位は高い。

学区の総面積は、約2.2平方キロメ−トルで、学区内人口は約6200人である。
(社家 約3600人、今里 約2600人  平成24年5月1日現在)

圏央道海老名インタ−の開設や市の人口増加にともない、一貫して住宅増人口増の傾向はあるが、現在は市街化調整区域の指定等の影響もあって、児童数の増減は少ない。

学区内地区は、現在、社家上・社家中・社家下・今里上・今里下の5地区で構成されている。